2016年10月25日

お灸のやり方

「お灸のやり方を紹介します。

お灸を自分でするとき、やはりを使うので、怖い人は怖いと思います。
私でさえ、鍼灸師になりたての頃は
「熱くてイヤ!」
と思っていましたから…。

でも慣れたら大丈夫!


気軽に出来るんです。
不安な方は、ハルもご相談くださいね。
月1でお灸カフェも開催しておりますし!


さて、しっかり宣伝もしたところで本題に入りますグッド(上向き矢印)


今回はツボをとった後のHow to お灸!

用意するもの
  • お灸
  • ライターまたはチャッカマン
  • 印用ペン
  • 水入り容器
  • 下に引くタオル(足などにやる場合や床面がラグなどある場合)

1・つぼに印をつける
気をつけることは油性ペンでつけないことでしょうか。
テン.JPG

2・ 底面のシールを剥がす
意外と忘れる方いるみたい。
テンテン.JPG

3・指にのせる
初心者の方は特に!

4・火をつける
雷必ずライター等は一度点火する
雷そして離れたところで点火しお灸に近づける

ユビ.JPG


5・火がついたことを確認
白い煙が出ていたら火がついた証拠です。
シロ.JPG

6・印を付けた場所にお灸を乗せる
上の方で曇りもくもく曇りしているときは台座はまだ熱くありません。
台座はシールが付いている皮膚に近い所ところの事です!
ヒ.JPG

7・取る
<熱くなって取る場合>
この場合、熱さに耐えられない!時に行います。
保冷剤などでお灸を取る指を冷やしておくと、熱くて焦ることはありません。
取ったら水入り容器へ。
とる.JPG

<冷えて取る場合>
基本、台座部分が冷えてから取ります。

◯  ◯  ◯  ◯  ◯  ◯

終わったあと、お灸した部分はどうなっていますか?
ほんのり赤くなっていますか?(これはやけどではありませんよ!)

ほんのり赤くなっている場合は皮膚下の毛細血管が拡張して、血液の色が皮膚を通して見えている状態。
体がお灸に反応したということです。

何にも感じなかった、
温かかった、
熱かった、

などなど人それぞれあるかと思いますが、
この「ほんのり赤」が見られるといいと思います♩

お灸した部分が巡ってきた感じがすることもありますよ。

おまけ
慣れたら私はこんな風にやってたり。
もうちょっと火力は弱いほうがいいですが。
やるなら慣れた人!です。
ケムリ.JPG


/////////////////////////

「温のみち(はるのみち)」

自分のからだを自分でケアしたい方のための教室を開催いたします。少人数で行います。体を動かしやすい格好でお越しください。お着替えを持ってきていただいても結構です。自分の「今」のからだの状態ってどんな風なんでしょう?中医学的視点から自分のからだの声を聴いてみましょう。「まだ大丈夫!」と口癖なあなたにぜひ、受けていただきたい教室です。

  • 中医学的セルフチェック
  • 経絡ストレッチ&セルフケア
  • 季節の養生法
  • 体質別ツボ探し&お灸体験
  • ゆったりお茶タイム

11月5日(土)14時〜
ビッカフェにて
料金 3000円
ご予約は 090-3308-6309 ビッカフェ堀江まで


/////////////////////////

寒い日!
そんな日からお灸をぜひとりいれてみてくださいね。

では〜




【セルフケアの最新記事】
posted by ハル鍼灸師 at 13:52| Comment(0) | セルフケア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: